レビトラは、承認2番目のED治療薬

レビトラは、EDのための治療薬としてバイアグラに次いで登場した薬です。
第2のED治療薬と呼ばれ、バイエル薬品というメーカーが製造・販売しています。
バイエル薬品はドイツの薬品メーカーで、アスピリンという薬を開発したことで有名な会社です。
日本では1999年にバイアグラの発売が開始となりましたが、その翌々年に厚生労働省に申請されて2004年にレビトラの発売に至っています。
有効成分はバルデナフィルで、その含有量による5mgと10mgの2規格で発売スタートとなり、2007年には20mgも登場しています。
この薬の名前の由来については、フランス語とラテン語で「男性のいのち」という意味が込められています。
また、薬の箱やカタログには炎をイメージした絵柄が描かれていますが、この炎のマークには「すぐに火がつく」というところから即効性を象徴する意味合いがあります。
レビトラの有効成分であるバルデナフィルは、エタノールや水に非常に溶けやすいという性質を持っていて、これはバイアグラや後から登場したシアリスにはない性質です。
体内で血中濃度が最高に達するまでの時間も、他のバイアグラ治療薬に比べると早くなっています。
バルデナフィルの効能について知るためには、まずは勃起の仕組みについて知る必要があります。
男性が性的に刺激を受けると体内で一酸化炭素が放出され、血管の拡張に関わる物質が増えます。
その結果、陰茎の動脈に大量の血液が流れ込んで勃起が起こります。
逆に勃起が治まる時には、ある種の酵素が働きます。
バルデナフィルには、この勃起を終息に導く酵素の働きを抑制する効果があり、勃起の持続を助けるのです。

kusuri